後遺障害(後遺症)とは

後遺障害(後遺症)とは、傷害が治ったときに身体に残った障害のことをいいます。

後遺障害は、英語で「permanent disease」で、永続的な病気を意味します。

つまり、治療をしてもこれ以上よくならず、障害が永続的に続く状態のことです。

 

ただし、むちうちなどの神経症状については、障害が永続的に続くとは見なされていません。何年か経つと症状が消えていくと考えられています。

交通事故後、特殊な症状を除いて6ヶ月経ち、医師からこれ以上治療しても治療の効果が認められないと判断された場合には「症状固定」とし、自賠責保険に後遺症等級認定の申請を行います。

主治医に後遺障害診断書を作成してもらい、それを保険会社に提出して等級認定がなされます。

 

後遺障害等級は1~14級まであり、等級が1つ違えば金額が大きく変わります。

被害者の多くは、普通に症状に合った等級が認定されるとお考えですが、症状を立証しなければ認定されません。

後で詳細に説明しますが、自分の症状に合った等級が認定されるように立証を考えて申請しなければなりません。