後遺障害認定の依頼を受けると、自賠責保険会社は、それを専門の調査機関(損害保険料率算出機構に属する自賠責損害調査事務所)に調査を依頼します。

俗に、調査事務所と呼ばれています。

 

損害保険料率算出機構は、「損害保険料率算出団体に関する法律」にもとづいて設立された法人で、その事業の一環として自賠責保険についての損害調査および政府の保証事業についての損害調査を行っています。

調査事務所は、請求書類に基づいて、公正・中立な立場(?後で、後遺障害認定の裏話を記載します)で調査を行い、結果を通知します。

 

結果に納得がいかなければ、再度調査事務所への異議申立をすることができますし、自賠責保険・共済紛争処理機構に紛争処理の申請を行うことができます。

自賠責保険・共済紛争処理機構は、紛争の公正かつ適確な解決による被害者の保護を目的として設立された公益法人で、弁護士や医師等で構成される紛争処理委員が、公正中立な立場で調停を行います。

紛争処理は異議申立はできない一度きりの手続きです。

これにも納得がいかない場合で裁判などの手続きに移行します。

 

何だか専門機関や難しい感じが出てきます。

とにかく、後遺症認定を調査する機関があり、納得いかなければ異議を申し立てることができる。それでも納得いかない場合は、さらに紛争処理機構という所にも申請できると覚えておいてください。