後遺症の認定方法

後遺障害の認定は、2つの方法で行われることがほとんどです。

1つは、被害者が自賠責保険会社に直接保険金支払いと後遺障害認定を求める方法です。

これを、被害者請求といい、被害者自ら書類やレントゲンなどの画像を集めて請求を行います。

つまりは、自分で立証活動を行う方法です。

 

もう一つは、任意保険会社による事前認定手続呼ばれる方法です。

これは、加害者が任意保険に加入している場合、任意保険会社が示談代行制度によって被害者と交渉することが多いことから、任意保険会社が自賠責保険に事前認定の手続を取ってくれるものです。

任意保険会社が後遺障害の申請を代行してくれる方法と考えてよいでしょう。

事前認定手続は被害者にとって立証活動を行わなくてもよいため楽ですが、問題が多くあります。

しかし、多くの交通事故ケースでは事前認定が行われているのが現状です。