① 腎臓の障害

腎臓の障害は、腎臓の亡失の有無及び糸球体ろ過値(GFR)による腎機能低下の程度により認定します。

腎臓を失っていないもの

(ア) GFRが30ml/分を超え、50ml/分以下のものは、9級が認定されます。

(イ) GFRが50ml/分を超え、70ml/分以下のものは、11級が認定されます。

(ウ) GFRが70ml/分を超え、90ml/分以下のものは、13級が認定されます。

片側の腎臓を失ったもの

(ア) GFRが30ml/分を超え、50ml/分以下のものは、7級が認定されます。

(イ) GFRが50ml/分を超え、70ml/分以下のものは、9級が認定されます。

(ウ) GFRが70ml/分を超え、90ml/分以下のものは、11級が認定されます。

(エ) (ア)(イ)(ウ)の、いずれにも該当しないものは、13級が認定されます。

ウ 尿管、膀胱及び尿道障害

1 尿路変向術を行ったもの

(ァ) 非尿禁制型尿路変向術を行ったもの

ⅰ 尿が漏出することにより、ストマ周辺に著しい皮膚のびらんを生じ、パッド等の装着ができないものは、5級が認定されます。

ⅱ ⅰに該当しないものは、7級が認定されます。

(ィ) 尿禁制型尿路変向術を行ったもの

ⅰ 禁制型尿リザボアの術式を行ったものは、7級が認定されます。

ⅱ 尿禁制型尿路変向術を行ったものは、11級が認定されます。

ⅲ 外尿道口形成術を行ったものは、9級が認定されます。

ⅳ 尿道カテーテルを留置したものは、11級が認定されます。

2 排尿障害を残すもの

(ァ) 膀胱の機能の障害によるもの

ⅰ 残尿が100ml以上であるものは、9級が認定されます。

ⅱ 残尿が50ml以上100ml未満であるものは、11級が認定されます。

(ィ) 尿道狭窄によるもの

ⅰ 糸状ブジーを必要とするものは、11級が認定されます。

ⅱ 「シャリエ式」尿道ブジー第20番が辛うじて通り、時々拡張術を行う必要があるものは、14級が認定されます。

3 蓄尿障害を残すもの

(ァ) 尿失禁を残すもの

ⅰ 持続性尿失禁を残すものは、7級が認定されます。

ⅱ 切迫性尿失禁及び腹圧性尿失禁

(ⅰ) 終日パッド等を装着し、かつ、パッドをしばしば交換しなければならないものは、7級が認定されます。

(ⅱ) 常時パッド等を装着しなければならないが、パッドの交換までは要しないものは、9級が認定されます。

(ⅲ) 常時パッド等の装着は要しないが、下着が少しぬれるものは11級が認定されます。

(ィ) 頻尿を残すもの

頻尿を残すものは、11級が認定されます。