1 心機能が低下したもの

心筋梗塞、狭心症、心臓外傷等により心機能が低下したものは、運動耐容能の低下の程度により、次のとおり認定します。

(ア) 心機能の低下による運動耐容能の低下が中等度であるものは、9級が認定されます。

おおむね、6METsを超える強度の身体活動が制限されるものが該当します。

注 METsとは、安静座位の酸素摂取量の何倍の酸素摂取量にあたるかを示す単位で、運動・作業強度の単位です。

(イ) 心機能の低下による運動耐容能の低下が軽度であるものは、11級が認定されます。

おおむね、8METsを超える強度の身体活動が制限されるもの。

2 除細動器又はペースメーカーを植え込んだもの

(ア) 除細動器を植え込んだものは、7級が認定されます

(イ) ペースメーカーを植え込んだものは、9級が認定されます。

3 房室弁又は大動脈弁を置換したもの

(ア) 継続的に抗凝血薬療法を行うものは、9級が認定されます。

(イ) 上記以外のものは、11級が認定されます。

4 大動脈に解離を残すもの

偽腔開存型の解離を残すものは、11級が認定されます。