呼吸器の障害

呼吸機能に障害を残したものは、原則として、①動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果によります。

その他、②スパイスロメトリーの結果および呼吸困難の程度による判定、③運動負荷試験の結果による判定の方法があります。

 

動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果による判定

ア 動脈血酸素分圧が50Torr以下のもの

(ア) 呼吸機能の低下により常時介護が必要なものは1級が認定されます

(イ) 呼吸機能の低下により随時介護が必要なものは2級が認定されます。

(ウ) (ア)及び(イ)に該当しないものは、3級が認定されます。

イ 動脈血酸素分圧が50Torrを超え60Torr以下のもの

(ア) 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲(37Torr以上43Torr以下をいう。)にないもので、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要なものは、1級が認定されます。

(イ) 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が必要なものは、2級が認定されます。

(ウ) 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、(ア)及び(イ)に該当しないものは、3級が認定されます。

(エ) (ア)(イ)及び(ウ)に該当しないものは、5級が認定されます。

ウ 動脈血酸素分圧が60Torrを超え70Torr以下のもの

(ア) 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないものは、7級が認定されます。

(イ) (ア)に該当しないものは、9級に認定されます。

エ 動脈血酸素分圧が70Torrwo超えるもの

動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないものは、11級に認定されます。

 

スパイロメトリーの結果及び呼吸困難の程度による判定

ア %1秒量が35以下又は%肺活量が40以下であるもの

(ア) 高度の呼吸困難が認められ、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要なものは、1級が認定されます。

「呼吸困難」とは、呼吸困難のため、連続しておおむね100m以上歩けないものをいいます。

(イ) 高度の呼吸困難が認められ、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が必要なものは、2級が認定されます。

(ウ) 高度の呼吸困難が認められ、(ア)及び(イ)に該当しないものは、3級が認定されます。

(エ) 中等度の呼吸困難が認められるものは、7級が認定されます。

「中等度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、平地でさえ健常者と同様には歩けないが、自分のペースでなら1km程度の歩行が可能であるものをいいます。

(オ) 軽度の呼吸困難が認められるものは、11級が認定されます。

「軽度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、健常者と同様には階段の昇降ができないものをいいます。

イ %1秒量が35を超え55以下又は%肺活量が40を超え60以下であるもの

(ア) 高度又は中等度の呼吸困難が認められるものは、7級が認定されます。

(イ) 軽度の呼吸困難が認められるものは、11級が認定されます。

ウ %1秒量が55を超え70以下又は%肺活量が60を超え80以下であるもの

高度、中等度又は軽度の呼吸困難が認められるものは、11級が認定されます。

③ 運動負荷試験の結果による判定

呼吸機能の低下による呼吸困難が認められ、運動負荷試験の結果から明らかに呼吸機能に障害があると認められるものは、11級が認定されます。