むちうち症(診断名として頚部捻挫や外傷性頚部症候群等)の等級は、原則12級か14級です。

診断名が、カウザルギーやRSD(最近ではCRPS)などの方は、さらに上位等級の可能性がありますので、立証の際は専門家にご相談されることをお薦めします。

さて、痛みなどの症状がひどければ、当然上位の等級が欲しいものです。

自賠責金額にして、12級224万円、14級は75万円です。

等級に合わせて任意保険の金額も大きく変わってきます。

では、12級と14級の違いは何なのでしょうか?

微妙な判定も多いのですが、12級は自覚症状と他覚的所見が合致していると認定されることが多く、14級は自覚症状から何らかの後遺障害があるとは認められるが、他覚的所見に乏しい場合に認定されることが多いのが実情です。

さらには、都道府県や調査事務所の担当者によっても、微妙に判定が異なるケースがあります。

人が審査するものですから、一律公平というわけにはいきません。

被害者はなるべく完璧な立証を目指すほかありません。