後遺障害認定の結果、等級が非該当であったり、自分の症状に合った等級より低い等級が認定がされた場合には異議申立ができます。

等級に納得がいかないので、再度審査してほしいと申し立てる手続きです。

 

「私の症状はこんなに重いのに、なぜ認定されないの?」と思われる被害者の方は多いです。

しかし、認定がだんだん厳しくなっている現在、非該当になることもしばしばあります。

腹を立てたり、悲しんだりするよりも、どうしたら異議申立をして認定してもらえるかを考えます。

 

具体的には、後遺障害診断書や画像所見など前回提出した証拠に不備がないかを調べ、足りないところを補います。

異議申立は、特に必須書類は定められていませんが、新たな医証(医学的所見に基づく証拠)が必要です。

前回と同じ書類を提出しても、等級は変わりません。

ありがちなのは、前回と同じ証拠に加えて、被害者が自分の症状がどれほどつらいかを手紙にして添えているケースです。

気持は伝わるかもしれませんが、認定は変わりません。

 

調査事務所は、異議申立ができることは教えてくれますが、前回と同じ書類で異議申立をしても無意味なこと、新たな医証が必要なことは教えてくれません。

被害者は異議申立をすると決めた時から、嘆くよりも新たな証拠をどう作るかを考えなければいけません。