脳の損傷による身体性機能障害については、麻痺の範囲及びその程度、並びに介護の有無及び程度により障害等級を認定します。

(注)四肢麻痺とは、両側の四肢の麻痺をいいます。

片麻痺とは、1側上下肢の麻痺をいいます。

対麻痺とは、両下肢又は両上肢の麻痺をいいます(脳損傷では、通常生じません)。

単麻痺とは、上肢又は下肢の1肢のみの麻痺をいいます。

 

<麻痺の障害等級表>

 

脳損傷

1級

①高度の四肢麻痺、②中等度の四肢麻痺で、常時介護が必要な状態、②高度の片麻痺で、常時介護が必要な状態

2級

①高度の片麻痺、②中等度の四肢麻痺で随時介護が必要な状態

3級

中等度の四肢麻痺

5級

①軽度の四肢麻痺、②中等度の片麻痺、③高度の単麻痺

7級

軽度の片麻痺、中等の単麻痺

9級

軽度の単麻痺

12級

運動性、支持性、巧緻性、速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺