外傷性てんかん

脳挫傷等の頭部外傷によって、外傷性てんかんが発症することがあります。

てんかんとは、反復するてんかん発作を主症状とする慢性の脳障害です。そのてんかん発作とは、大脳のある部分の神経細胞が発作性に異常に過剰な活動を起こし、これがある程度広範な領域の神経細胞をまきこんで、一斉に興奮状態に入った場合に生ずる運動感覚、自律神経又は精神などの機能の1過性の異常状態のことです。

等級認定は、発作の型、発作回数等が着目され、診断には、脳波検査や、MRI・CT等の画像が有用です。

1 「1ヶ月に1回以上の発作があり、かつ、その発作が「意識障害の有無を問わず転倒する発作」又は「意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作」(以下、転倒する発作)であるもの」は、5級が認定されます。

例1{転倒する発作には、「意識消失が起こり、その後ただちに4肢等が強くつっぱる強直性のけいれんが続き、次第に短時間の収縮と弛緩をくりかえす間代性のけいれんに移行する」強直間代発作や脱力発作のうち「意識は通常あるものの、筋緊張が消失して倒れてしまうもの」が該当します。

例2{「意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作」には、意識混濁を呈するとともに、うろうろ歩き回るなど目的性を欠く行動が自動的に出現し、発作中は周囲の状況に正しく反応できないものが該当します。}

2 「転倒する発作等が数ヶ月に1回以上あるもの、又は、転倒する発作等以外の発作が1ヶ月に1回以上あるもの」は、7級が認定されます。

3 「数ヶ月に1回以上の発作が転倒する発作等以外の発作であるもの、又は、服薬継続によりてんかん発作がほぼ完全に抑制されているもの」は、9級が認定されます。

4 「発作の発現はないが、脳波上に明らかにてんかん性棘波を認めるもの」は、12級が認定されます。