死亡事故の支払限度額例

支払い限度額(最高3000万円まで)

損害項目 内容 支払基準
葬儀費 祭壇料や埋葬料など 原則60万円
逸失利益 被害者が死亡しなければ将来得られたであろう収入から、生活費を控除 収入額、就労可能年数などから算定
慰謝料 本人 350万円
慰謝料 遺族の慰謝料

請求者人数によって550万円~750万円
被害者に被扶養者がいるときは200万円加算

 

加害者が複数の場合

加害者が複数いる場合には、加害者ごとの自賠責保険に請求できます
例えば、傷害事故で加害車両が2台であれば、支払限度額が2倍の240万円まで両者の自賠責保険に請求できます。