高次脳機能障害等級認定の要件

・「高次脳機能障害のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」は、1級が認定されます。

補足:「身体機能は残存しているが、高度の痴呆があるため、生活維持に必要な身の回り動作に全面的に介護を要するもの」

以下の(ア)又は(イ)が該当します。

(ア) 重篤な高次脳機能障害のため、食事・入浴・用便・更衣等に常時介護を要するもの

(イ) 高次脳機能障害による高度の認知症や情意の荒廃があるため、常時監視を要するもの

 

・「高次脳機能障害のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、随時介護を要するもの」は、2級が認定されます。

補足:「著しい判断力の低下や、情動の不安定などがあって、1人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声かけや看視を欠かすことができないもの」

以下の(ア)(イ)又は(ウ)が該当します。

(ア) 重篤な高次脳機能障害のため、食事・入浴・用便・更衣等に随時介護を要するもの

(イ) 高次脳機能障害による認知症、情意の障害、幻覚、妄想、頻回の発作性意識障害等のため随時他人による監視を必要とするもの

(ウ) 重篤な高次脳機能障害のため、自宅内の日常生活動作は一応できるが、1人で外出することなどが困難であり、外出の際には他人の介護を必要とするため、随時他人の介護を必要とするもの

 

・「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、高次脳機能障害のため、労務に服することができないもの」は、3級が認定されます。

補足:「自宅周辺を1人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声かけや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし、記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの」

以下の(ア)又は(イ)が該当します。(後掲 高次脳機能障害整理表参照)

(ア) 4能力(意思疎通能力、問題解決能力、作業負荷に対する持続力持久力、社会行動能力)のいずれか1つ以上の能力が全部失われているもの

(イ) 4能力のいずれか2つ以上の能力の大部分が失われているもの

 

・「高次脳機能障害のため、きわめて軽易な労務のほか服することができないもの」は、5級が認定されます。

補足:「単純くり返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし、新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。このため、一般人に比較して、作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助が欠かすことができないもの」

以下の(ア)又は(イ)が該当します。

(ア) 4能力のいずれか1つ以上の能力の大部分が失われているもの

(イ) 4能力のいずれか2つ以上の能力の半分程度が失われているもの

 

・「高次脳機能障害のため、軽易な労務にしか服することができないもの」は、7級が認定されます。

補足:「一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの」

以下の(ア)又は(イ)が該当します。

(ア) 4能力のいずれか1つ以上の能力の半分程度が失われているもの

(イ) 4能力のいずれか2つ以上の能力の相当程度が失われているもの

 

・「通常の労務に服することはできるが、高次脳機能障害のため、社会通念上、その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの」は、9級が認定されます。

補足:「一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業持続力などに問題があるもの」

高次脳機能障害のため4能力のいずれか1つ以上の能力の相当程度が失われているものが該当します。

 

・ 「通常の労務に服することはできるが、高次脳機能障害のため、多少の障害を残すもの」は、12級が認定されます。

4能力のいずれか1つ以上の能力が多少失われているものが該当します。

 

・ 「通常の労務に服することはできるが、高次脳機能障害のため、軽微な障害を残すもの」は、14級が認定されます。

補足:MRI、CT等による他覚的所見は認められないものの、脳損傷のあることが医学的にみて合理的に推測でき、高次脳機能障害のため、わずかな能力喪失が認められるものが該当します。