動揺関節と足指の障害

1  動揺関節

動揺関節については、後遺障害等級表には定められていないが、相当等級が認定されます。

(ア) 常の硬性補装具を必要とするものは8級

(イ) 時々硬性補装具を必要とするものは10級

(ウ) 重激な労働等の際以外には硬性補装具を必要としないもには12級

(エ) 習慣性脱臼及び弾発ひざは12級

 

2  足指の障害

ア 欠損障害

足指を失ったもの」とは、その全部を失ったものとされており、中足指関節から失ったものです。

イ 機能障害

足指の用を廃したもの」とは、第1の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失ったもの、又は、中足指節関節若しくは近位指節間関節に著しい運動障害を残すものとされています。