上肢ー変形障害

1 「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とするものをいいます。

(ァ) 上腕骨の骨幹部又は骨幹端部(以下、骨幹部等)に癒合不全を残すもの

(ィ) 橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの

 

2 「偽関節を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ァ) 上腕骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので、上記(ア)の(ァ)以外のもの

(ィ) 橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、上記(ア)の(ィ)以外のもの

(ゥ) 橈骨及び尺骨のいずれか一方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、時々硬性補装具を必要とするもの

 

3 上肢の「長官骨に変形を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ァ) 次のいずれかに該当する場合であって、外部から想見できる程度以上であるもの

ⅰ 上腕骨に変形を残すもの

ⅱ 橈骨及び尺骨の両方に変形を残すもの(一方の変形で、程度が著しいものも該当)

(イ) 上腕骨、橈骨及び尺骨の骨端部に癒合不全を残すもの

(ゥ) 橈骨及び尺骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので、硬性補装具を必要としないもの

(ェ) 上腕骨、橈骨及び尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

(ヵ) 上腕骨の直径が3分の2以下に、又は橈骨若しくは尺骨の直径が2分の1以下に減少したもの

(キ) 上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形癒合しているもの