○欠損障害

1 「上肢を肘関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ァ) 肩関節において、肩甲骨と上腕骨を離脱したもの

(ィ) 肩関節と肘関節との間において、上肢を切断したもの

(ゥ) 肘関節において、上腕骨と橈骨及び尺骨とを離断したもの

2 「上肢を手関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ァ) 肘関節と手関節の間において、上肢を切断したもの

(ィ) 手関節において、橈骨及び尺骨と手根骨とを離断したもの

○機能障害

1 「上肢の用を廃したもの」とは、3大関節(肩関節、肘関節、手関節)のすべてが強直し、かつ、手指の全部の用を廃したものをいいます。

2 「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ァ) 関節が強直したもの

(ィ) 関節の完全弛緩性麻痺、又は、これに近い状態にあるもの

(ゥ) 人工関節・人口骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの

3 「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

(ァ) 関節の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの

(ィ) 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、上記(イ)の(ゥ)以外のもの

4 「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下に制限されているものをいいます。