交通事故に遭ったらの項目でも少し述べていますが、後遺障害における被害者請求をするにあたっては、自賠責保険の知識が重要です。

被害者請求と加害者請求がある

保険金の請求方法として、加害者から請求する「加害者請求」と、被害者が直接加害者の加入している保険会社に請求する「被害者請求」があります。

そのため、加害者が逃げた場合などでも、被害者が直接請求できます

仮渡金請求と内払金請求ができる

仮渡金請求とは、被害者が保険金の支払われる前にお金を受け取ることのできる制度です。
利用できるのは1回のみですが、申請から1週間程度で支払われます。

金額は、死亡事故290万円、傷害事故の場合は、怪我の程度などによって40万円、20万円、5万円と定められています。

事故による出費で経済的に困られている被害者にとっては、ありがたい制度といえます。
内払い金請求は、治療費や入院費等の支払いが10万円を超える際に、被害者・加害者を問わず行うことができます。