任意保険会社が行う一括払いとは

一括払いとは、加害者の加入している任意保険会社が窓口となり、自賠責保険と任意保険の保険金を被害者に対して一活で支払う制度です。

任意保険会社は、被害者への自賠責保険金を立て替えて支払い、後で立て替えた保険金を自賠責保険会社から受け取ります。
ただし、任意保険の対象とならない事故や、賠償金額が自賠責保険の支払い範囲内のときは一括払い請求は行えません。
この一括払いは煩わしい手続が不要なので、被害者にとっては便利なのですが、自賠責保険の限度額をきっちり頭に入れておかないと、任意保険会社の出し渋りに騙されてしまいますので気をつけてください。

保険会社の提示には自賠責保険の金額も含まれているにもかかわらず、「当社はこれだけの金額を提示します」と、いかにも上乗せしたように言うのですが、実際には任意保険の部分はほとんど上乗せしていないケースが多いのです。