交通事故加害者は以下の3つの責任を負うことになります。

  1. 刑事上の責任国は、交通犯罪の予防と制裁を目的に、加害者に対して刑罰を科しています。
    他人を死傷させた場合は、刑法に定められた懲役刑・禁固刑・罰金刑が、無免許運転や飲酒運転などの行為の場合には、道路交通法による罰則が適用されます。
  2. 行政上の責任道路交通法に違反している場合には、反則金が課されたり、公安委員会から免許停止や免許取消処分を受けます。
  3. 民事上の責任加害者は、民法709条の不法行為責任や自動車損害賠償保障法により、被害者への損害賠償責任を負います。
    ただし、物損事故では民法のみの責任を負うことになります。