事故後に気持ちの余裕がないのがほとんどですが、できれば証拠を保全するように努めてください。

警察官が立ち会って実況検分をしますが、後になって実況検分調書を見ますと、いい加減なものがけっこうあります。

警察官にもベテランと新人がいますし、他の重大事件に力を注いでいるため、一見して軽微な事故だとどうしても手を抜かざるをえません。

 

現場の写真を携帯カメラに収める、警察や加害者の発言を音声で録音しておく、事故の目撃者に連絡先を聞いておくなど、できる限りのことをしておくと後で役立つケースがあります。

事故直後は素直に謝罪していた加害者であっても、だんだんと保険会社や弁護士などから知識を得て、前言を撤回してきます。

そんな時に証拠が残っていれば、間違いなく有利です。

なかなか事故直後にそこまではできなかった方は、事故の翌日・翌々日に現場状況を撮影するだけでもよいでしょう。