・眼球の運動は、各眼3対、すなわち6つの外眼筋の作用によって行われています。

この6つの筋が、一定の緊張関係を保って眼球を正常な位置に保たせます。ですから、眼筋の一部が麻痺しますと、緊張関係が壊れ、眼球は反対方向偏位し、運動が制限されることになります。

「眼球に著しい運動障害を残すもの」とは、眼球の注視野の広さが2分の1以下に減じたものをいいます。

注視野とは、頭部を固定した状態で、眼球を動かして見ることのできる範囲をいいます。

これには個人差がありますが、平均で、単眼視では各方面50度、両眼視では各方面45度です。

単眼で12級、両眼で11級が認定されます。

 

・複視

複視とは、左右の眼の網膜の対応点に外界の像が結像せずにずれているため、物が2重にみえる状態をいいます。

「複視を残すもの」とは、次のいずれにも該当するものをいいます。

(ア) 本人が複眼のあることを自覚していること

(イ) 眼筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められること

(ウ) ヘススクリーンテストにより、患側の像が水平方向又は垂直方向の目盛で5度以上離れた位置にあることが確認されること

以上の要件を満たすもののうち、

「正面視で複視を残すもの」とは、ヘススクリーンテストにより正面視で複視が中心の位置にあることが確認されたものをいい、「正面視以外で複視を残すもの」とは、それ以外をいいます。

(注)ヘススクリーンテストとは、指標を赤緑ガラスで見たときの片眼の赤像、他眼の緑像から両眼の位置すれを評価する方法です。

イメージわきにくいですから、医師に解説を求めるのが、一番わかりやすいですね。

「正面視で複視を残すもの」は10級、それ以外の複視は13級が認定されます。