眼の調節機能は、水晶体がその役割を担っています。

眼に近い物体を見る場合は、毛様体の作用によって水晶体が脹らみ、遠くの物体を見る場合は、逆に毛様体の作用で水晶体が縮んで、網膜に像を結ぶのです。

・「眼球に著しい調節機能障害を残すもの」とは、調節力が通常の2分の1以下に減じたものをいいます。

調節力とは、明視できる遠点から近点までの距離的範囲(これを「調節域」といいます。)をレンズに換算した値であり、単位はジオプトリー(D)です。調節力は、年齢と密接な関係があります。

・調節力が2分の1以下に減じているか否かは、被災した眼が1眼のみであれば、他眼との調節力との比較によって、両眼を被災した場合は、後の年齢別調節力値で判断します。

なお、調節力の1.5Dは実質的に調節機能は失われていると考えられていることから、健眼が無い場合に55歳以上であるときは、後遺障害等級の対象にはなりません。

<表 5歳毎年齢の調節力>

年齢

15

20

25

30

35

40

45

50

55

60

65

調節力D

9.7

9.0

7.6

6.3

5.3

4.4

3.1

2.2

1.5

1.35

1.3

・この調節力機能の検査は、アコモドポリレコーダー等の測定装置が使用されます。

数回検査を行い、その結果がほぼ一定で正常な人の2分の1以下であれば、「著しい調節機能障害」として、単眼12級、両眼11級が認定されます。