・視野とは、眼前の1点を見つめていて、同時に見える外界の広さをいいます。

視野障害には、「半盲症」、「視野狭窄」及び「視野変状」があり、V/4指標による8方向の角度の合計が、正常視野の角度の60%以下になった場合をいいます。

8方向の角度の正常値は合計で560度であり、この60%以下、つまり336度以下になると、等級が認定されます。

なお、視野の測定は、ゴールドマン型視野計により行います。

<表、日本人の視野の平均値>

方向・視野

 

V/4

60

上外

75

95

外下

80

70

下内

60

60

内上

60

・半盲症とは、視神経繊維が、視神経交叉またはそれより後方において侵されるときに生じるものであって、注視点を境界として、両眼の視野の右半部または左半部が欠損するものをいいます。両眼同側の欠損するものを同側半盲、両眼の反対側の欠損するものは異名半盲といいます。

この他、両眼視野の4分の1を欠損した場合も、半盲症とされています。

・視野狭窄とは、視野周辺の狭窄であって、同心円狭窄と不規則狭窄とがあります。

高度の同心性狭窄は、たとえ視力は良好であっても、著しく視機能を阻げ、周囲の状況をうかがい知ることができないため、歩行その他諸動作が困難となります。また、不規則狭窄には、上方に起こるものや内方に起こるもの等があります。

・視野変状には、半盲症、視野の欠損、視野狭窄および暗点が含まれますが、半盲症および視野狭窄については、障害等級表に明示されているので、暗点と視野欠損をいいます。

暗点とは、生理的視野欠損(盲点)以外の病的欠損を生じたものをいい、中心性漿液性脈絡網膜炎、網膜の出血、脈絡網膜炎などに見られます。なお、暗点は絶対暗点を採用し、比較暗点は採用しないとされています。

絶対暗点とは、その部分で指標がまったく見えないものをいい、比較暗点とは、その分で指標がぼんやりと見えるものをいいます。