○視力の測定方法

視力の測定は、原則として万国式試視力表によります。

簡単に言いますと、よく学校時代の視力検査で使用した「C」の文字の空いたところを指摘するものです。これ以外の測定法でも、同程度に視力が測定できればかまいません。

 

・後遺障害認定における視力とは

矯正視力をいいます。メガネや、コンタクトレンズ等で矯正して得られた視力が含まれます。

 

・矯正視力による後遺障害の認定

(ア) 角膜の不正乱視が認められず、かつ、メガネよる完全矯正を行っても不等像視を生じない者については、メガネにより矯正した視力を測定して障害等級を認定します。

(注)不等像視とは、左右両眼の屈折状態等が異なるため、左眼と右眼の網膜に映ずる像の大きさ、形が異なるものをいいます。

(イ) それ以外の者については、コンタクトレンズの装用が医学的に可能であり、かつ、コンタクトレンズによる矯正を行うことにより良好な視界が得られる場合には、コンタクトレンズにより矯正した視力を測定して障害等級を認定することになります。

(ウ) 眼鏡による完全矯正を行えば、不等像視を生ずる場合であって、コンタクトレンズの装用が不能な場合には、メガネ矯正の程度を調整して不等像視の出現を回避しうる視力により障害等級を認定します。

(エ) コンタクトレンズの装用の可否および視力の測定は、コンタクトレンズを医師の管理下で3ヶ月間試行的に装用し、その後に行います。

 

・失明とは

「失明」とは、眼球を亡失(摘出)したもの、明暗を弁じ得ないもの、及びようやく明暗を弁ずることができる程度のものをいい、光覚弁(明暗弁)または手動弁が含まれます。

(注)光覚弁とは、暗室にて被験者の眼前で、照明を点滅させて明暗を弁別できる視力をいいます。

手動弁とは、検者の手掌を被験者の眼前で上下左右に動かし、動きの方向を弁別できる能力をいいます。

指数弁とは、検者の指の数を数えさせ、それを正答できる最長距離により視力を表すものです。

 

・両眼の視力障害について

両眼の視力障害については、障害等級表に掲げられている両眼の視力障害の該当する等級をもって認定することとし、1眼ごとの等級を定め、併合繰上げの方法を用いて相当等級を定める取扱いは行わないこととされています。

ただし、両眼の該当する等級よりも、いずれか1眼の該当する等級が上位である場合は、その1眼のみに障害が存するものとみなして、等級認定することとなります。

たとえば、1眼の視力が0.5、他眼の視力が0.02である場合は、両眼の視力障害としては9級に該当しますが、1眼の視力障害としては8級に該当し、両眼の場合の等級よりも上位であるので、8級とします