眼の後遺障害総説

眼の障害については、眼球の障害として視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害が、まぶたの障害として欠損障害及び運動障害について等級が定められています。

交通事故による眼の障害は、単独で生じることはほとんどなく、脳の損傷に伴って、あるいは頚椎捻挫とともに主張されることが多いです。

等級認定の傾向としては、自賠責の認定基準を厳格に適用しています。

しかし、バレ・リュー症候群等の自律神経障害が認められるときには、自賠責では認定されなくても裁判では必ずしもそうはなっていません。

 

○眼の後遺障害等級表

等級

           

    障害の程度

眼球

視力障害

1級

両眼が失明したもの

2級

1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの

両眼の視力が0.02以下になったもの

3級

1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの

4級

両眼の視力が0.06以下になったもの

5級

1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの

6級

両眼の視力が0.1以下になったもの

7級

1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの

8級

1眼が失明し、又は、1眼の視力が0.02以下になったもの

9級

両眼の視力が0.6以下になったもの

1眼の視力が0.06以下になったもの

10級

1眼の視力が0.1以下になったもの

13級

1眼の視力が0.6以下になったもの

調節機能障害

11級

両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

12級

1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

運動障害

10級

正面視で複視を残すもの

11級

両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

12級

1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

13級

正面視以外で複視を残すもの

視野障害

9級

両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

13級

1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

まぶた

欠損障害

9級

両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

11級

1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

13級

両眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

14級

1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

運動障害

11級

両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

12級

1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの