散瞳とは、瞳孔の直径が開大して対光反応が消失または減弱するものをいい、羞明とは、まぶしいことをいいます。

次の基準で、相当等級に認定されます。

(ア) 1眼の瞳孔の対光反射が著しく障害され、著明な羞明を訴え労働に著しく支障をきたすものについては、12級

(イ) 1眼の瞳孔の対光反射はあるが不十分であり、羞明を訴え労働に支障をきたすものについては、14級。

(ウ) 両眼について、上記(ア)の場合11級、(イ)の場合12級

(エ) 外傷性散瞳と視野障害または調節機能障害が存する場合は、併合の方法で相当等級を定めます

流涙

流涙とは、涙が眼からあふれ出ることです。

1眼に常時流涙を残すものは14級、両眼であれば12級と取り扱われます。