損益相殺とは?

交通事故によって、被害者が損害以上に利益を得てしまうことは不当です。
そこで、被害者が事故によって被った損害以上の利益を得ないようにと定められたのが損益相殺です。

損益相殺される利益には、死亡事故での将来の生活費、労災保険金、自賠責保険などがあります。

死亡後の生活費などは、費用としてはかからないものだからです。

ただし、死亡における逸失利益については、別途損害賠償額で評価されます。

一方、損益相殺されないものに、生命保険金や生活保護給付金があります。

損益相殺される利益か否かは、必ずしも明確にされているわけではありません

交通事故賠償請求のおいては、それほど重要な争点になことがありませんので、損益相殺というものがある、という程度で読み流しておいてください。