過失相殺とは

過失相殺(過失割合)は、加害者と被害者の負担の公平の観点から、加害者の過失と被害者の過失の割合に応じて損害賠償責任を負担させることです。

交通事故が起こった時、加害者だけではなく被害者にも過失がある場合がほとんどです。

被害者の過失分の損害まで加害者が負担するのは公平ではないという考えから、被害者の過失分は損害賠償額から差し引くようになっています。

よく、「動いている車同士が衝突した場合には、どちらにも過失がある」と巷で言われていますが、まさにそれです。

実際には動いている車同士でも過失ゼロであるケースはありますので、全く自分に落ち度はないと思ったらあきらめないでください。