耳の後遺障害総説

耳は、外耳、中耳、内耳に区分されます。

外界の音は、外耳を通って中耳にある鼓膜を振動させます。

それが、耳小骨を経由して内耳の蝸牛内部に満たされているリンパ液に伝わり、その振動を電気信号に変換して、蝸牛神経に伝えられます。その電気信号を脳に伝え、人は音を感じるのです。

等級認定においては、自賠責の認定が、ほぼ裁判でも使用されています。

むち打ち損傷から、耳鳴りや、聴力障害を主張されることがありますが、自賠責保険実務では、神経症状として評価されるのが通常です。

 

<耳の後遺障害等級表>

等級

障害の程度

聴力障害

両耳

4級

両耳の聴力を全く失ったもの

6級

・両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

・1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの

7級

・両耳の聴力が40cm以上の距離では、普通の話し声を解することができない程度になったもの

・1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの

9級

・両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの

・1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの

10級

両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの

11級

両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

1耳

9級

1耳の聴力を全く失ったもの

10級

1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

11級

1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの

14級

1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

耳介の欠損

12級

1耳の耳介の大部分を欠損したもの