交通事故被害者が、保険会社と交渉するにあたっては、この自賠責保険と任意保険の2段階の仕組みを理解しておく必要があります。
つまり、自賠責保険でカバーしきれなくなったら、任意保険が補償するということです。

保険会社の中には、自賠責保険と任意保険を同じにして説明してくるところもあります。

2つを含めた金額を提示されると、初めて見る被害者は大金に思えてしまいますし、事故後の生活費などに困っていると示談に応じてしまうケースが多いです。

何も知らない被害者は自賠責保険の範囲内の金額で抑えられているのにも気づかずに、示談してしまうのです。

ですから、保険会社の担当者の話が、自賠責保険の部分を言っているのか、任意保険の部分の話をしているのかを、常に意識しておかなければいけません。