賠責保険は、法律で加入が義務付けられている、国が交通事故の被害者が最低限度の補償を受けられるように定めた保険です。

あくまで、最低限度の補償の確保を目的にしているため、物損事故など物に対する損害は対象となりません

これに対し、任意保険は、各ドライバーが自身が任意で加入する、自賠責保険でカバーしきれない部分を補償する保険です。

昨今の交通事故の損害賠償は何億という賠償額になることもあり、自賠責保険だけでは補償しきれないことが多くなっています。

そのため、ほとんどのドライバーはいざというときのために備えてさまざまな保険に任意で加入しています。