末梢神経の障害は、いわゆるむちうち症も含まれます。

等級は原則として、12級か14級が認定されます。

むちうち症のところでも記載していますが、12級と14級の違いは、他覚的所見の有無に左右されることが多いです。

必要な検査をし、しっかりと立証しなければ、非該当になってしまうこともあります。

14級が認定され、12級にしたいと異議申立のご相談は多いですが、他覚的所見が取れるかどうか、取れたとしても確実に12級になるかどうかはわかりません(証拠力の程度にもよりますので)。

異議申し立てに掛かる時間や、専門家に依頼する費用などを考えて、決断してください。

 

〇末梢神経の障害等級表

局部の神経系統の障害12級

14級

局部に頑固な神経症状を残すもの

局部に神経症状を残すもの