休業補償

詳しくは 傷害事故の損害賠償 をご覧ください

医療関係費

詳しくは 傷害事故の損害賠償 をご覧ください

葬儀関係費

だいたい120万円から150万円くらいを基準に認められます。

これくらいの金額までは特に被害者側が具体的に証明しなくても認められますが、これ以上になってくると被害者負担になってきます。

雑費等

入院中の雑費や交通費のことです。

入院中の雑費については1日1200円~1400円ぐらい請求できます。
交通費は実費を請求します

逸失利益

逸失利益とは、被害者が事故にあわずに生存していたら67歳になるまでの間に取得したと推測される利益(収入)のことです。
そして、その計算方法ですが、

  1. まず被害者の年収から年間の生活費を控除します。
  2. 次に被害者の就労可能年数(67歳になるまでの年数)を出します。
  3. そして、1で出した額に2の就労可能年数をかけます。その際に中間利息分を差し引きますので、ライプニッツ係数(市販の書籍などにも掲載してあります)を掛けます。
慰謝料

被害者側の受けた精神的ショックに対する補償です。

精神的な苦痛に対する損害賠償額といっても算出が難しいですので、だいたい定型化しています。
一般に死亡者が一家の支柱なら(父親など)2300万円~3000万円、一家の支柱に順ずるものなら(共働きの主婦など)2000万円~2500万円、その他の者は1700万円~2300万円ぐらいが基準になっています。

 

以上の①~⑥を合計すると損害賠償額が算出できます。個々の具体的なケースについては、専門家にご相談ください。