交通事故の賠償金算定には、3つの基準があります。

これが、交通事故の損害賠償請求を複雑にしている原因かもしれません。

被害者は3つの基準といっても、知らない場合はほとんどですし、金額の算出もできません。

保険会社に提示された金額が正しいものだと信じていたら、実はもっと高い金額の基準があると知った時にトラブルになっています。

自賠責保険基準

自賠法に支払基準が明記されており、損害賠償金はこれに基づいて支払われます。

保証金額は最も少なく算出されます。最低基準だと考えておいてください。

任意保険基準

損害保険会社各社の支払基準です。保険自由化以前は統一された基準がありましたが、現在では廃止されています。

ただし、現在でも統一基準を参考に賠償額を提示する保険会社がありますので、知っておいて損はありません。

市販の交通事故書籍にあたれば、記載されているものがあります。

裁判所基準

弁護士会が過去の判例を参考に基準額を算出したものです。日弁連交通事故相談センターの作成する「民事交通訴訟 損害賠償算定基準」(通称 赤い本)や、「交通事故損害額算定基準」(青い本)がこれにあたります。

加えて、名古屋弁護士会が作成する「緑の本」というのもありますが、名古屋在住の方以外は無視してください。

赤い本と青い本でも基準が異なり、青い本のほうが金額が多くなっています。

概ね、関東で赤い本が広く使用されているのでこれを基準に考えてよいと思いますが、関西では青い本も使用されています。

 

・損害賠償額は裁判所基準で算出する

損害賠償額は裁判所基準で算出するのが一番高額になります。

被害者は、損害賠償額が最も高額となる裁判所基準で算出するべきです。

ただし、裁判所基準で算出した額全てが認められるわけではありません。裁判所基準は判例を基に作成されていますので、 あくまで実際に裁判を起こした場合に認められる基準です。

相手との交渉の際には、ある程度の妥協が必要です。裁判すればここまで取れるけど、このくらいなら妥協しようと、お互い譲り合うことも大事な場面もあります。

示談交渉での落としどころ、または、交通事故紛争処理センターという斡旋機関を使用して解決を図る方法、裁判といった選択肢がありますが、別の記事でそれぞれの解決方法について説明します。