誰に損害賠償を請求できるか

交通事故の賠償は、加害者である運転者はもちろんのこと、加害者以外にも請求できる場合があります。

自分の場合は、下記を参考にして誰に請求できるかを考えてみてください。

専門用語でややこしければ、飛ばしてもらってかまいません。多くは保険会社の担当者が窓口ですから、気にする必要はないと思います。

①運転者

自動車の運転者は民法709条の不法行為者として責任を負います。ただし、この民法709条は過失責任ですので運転者に過失が無い場合は責任を免れることがあります。

しかし、オーナードライバーは次の運行供用者にあたりますので自動車損害賠償保障法3条が適用されるため責任を負います。

②運行供用者

自動車損害賠償保障法3条にいう「自己のために運行の用に供する者」をいいます。

この運行供用者をわかりやすく言いますと、自動車を支配している者のことをいいます。

自動車を現実に運転していたかどうかに関係なく、社会的にみて自動車を支配しており、その自動車から利益をあげている者と考えればいいでしょう。

具体的には、タクシーが人をはねた場合にタクシーを所有しているタクシー会社が運行供用者にあたります。

③使用者

民法715条に規定されているのですが、会社の従業員が事故を起した場合に会社(使用者)が責任を負います。ただし、人身事故の場合は前述の自動車損害賠償保障法が適用されますので、この規定が適用されるのは会社の従業員が会社の車で物損事故を起した場合です。

④特殊責任者

前述のタクシーが人をはねた場合に、タクシー会社の社長が責任を負うような場合です。民法715条2項に規定があります。特殊な場合ですのでこのくらいにしておきます。