交通事故の損害の種類

交通事故の損害には、積極損害、消極損害、慰謝料の3種類があります。

①積極損害について

積極損害とは、交通事故に遭わなければ被害者が支払う必要がなかった費用のことです。

人身事故では入院費や治療費、病院への交通費、物損事故では修理費や車両の買い替え費用などがこれにあたります。

②消極損害について

消極損害とは、事故に遭うことにより失われてしまった将来の利益のことです。

逸失利益とも言います。

人身事故では、仕事を休んだ際の休業損害と将来に亘って症状の残る後遺障害または死亡による逸失利益があり、物損事故では休業損害のみとなります。

③慰謝料について

ケガをして入院または通院した場合、後遺障害が発生した場合、被害者が死亡した場合に認められます。

精神的な損害を第三者が客観的に判断するのは困難なため、慰謝料には一定の基準が定められ、ほぼ定額化されています。

人によって症状は異なるため、ある程度の幅はありますが、現実には通院期間や後遺障害の等級によって慰謝料額は決まってきます。