交通事故で受傷したら、当然病院に行きます。

治療開始から半年~1年程経ち、不幸にも症状が残っていたら後遺障害認定を申請します。

結果は非該当。

自分の症状は重いし、痛みもこんなにあるのに・・・。

そんな被害者の方を多く見てきました。

 

書類を一式見せていただくと、事故後の必要な検査を行っておらず、診療報酬明細書はいい加減に書かれています。

後遺障害診断書も空白だらけで、症状固定時の画像も取っていません。

 

医師が悪いわけではありません。

医師はケガの治療のプロであり、後遺障害認定に必要な検査や画像、後遺障害診断書の書き方は、ほとんどご存知ありません。

後遺障害診断書作成は、医師にとって本来業務ではありません。

どの医師も忙しいため、本音ではやりたくない業務なのです。

そのため、適切な後遺障害の等級認定を受けるためには、被害者が知識を入れて、自分で立証しなければなりません

後遺障害の認定には、その症状ごとに必要な検査や画像、診断書の書き方があります。