大阪地判平成17年7月25日

被害者は高次脳機能障害。

両親が入通院を付き添い、父親は看護のために退職。

入院付添い費として、1日8000円を認めた。

 

高次脳機能障害は、入院期間が長引く傾向があります。

また、人によってはさまざまな精神症状が見られますので、付添が必要になるケースが多いです。

妥当な判断でしょう。