神戸地判平成4年3月27日

頚・腰部挫傷、頭部外傷等の被害者の治療費につき、健康保険の診療報酬基準の2.5倍の自由診療費を認めた。

次に出てくる判例で、医療水準に鑑みて不合理な治療費を請求していなければ、ある程度までは認めるとされています。

2.5倍が不合理かどうかは議論のあるところですが、3倍でも認められている判例もあります。

なかなか、被害者の立場として、自由診療の費用が健康保険水準の何倍かまではわかりません。

後になって保険会社から支払われませんと言われると困ってしまうものです。