脊髄の後遺障害7
  • 平成16年9月22日
  • 既住の後縦靱帯骨化症があった事案であったが、事故前は症状はなかった。裁判所は、医師の意見や診療経過などから、事故を契機として発症したと認めた
脊髄の後遺障害8
  • 平成11年3月26日
  • 既住の糖尿病があった事案で、事故後に突然脊髄梗塞を発症した。裁判所は、脊髄梗塞は糖尿病などが原因で発症し、外傷によるものはあまり考えられないが、事故との因果関係は否定できないとし3割の既住症減額をした
脊髄の後遺障害9
  • 平成12年1月14日
  • 事故前から頚椎に骨棘があった事案で、事故後に頚椎症、腰椎症を発症した。自賠責では12級が認定された。裁判所は、鑑定により、脊髄損傷等は否定したが脊髄症状の存在は認め、9級を認定した