労働能力喪失率22
  • 平成13年8月27日
  • 被害者は26歳の女性会社員。後遺障害7級(顔面醜状痕)について、高卒女子平均賃金を基礎として、67歳まで20%の労働能力喪失率を認めた
 
労働能力喪失率23
  • 平成6年5月23日
  • 被害者は18歳の女子高生。後遺障害併合11級(下肢醜状障害、短縮)について、外貌、服装によってある程度就職の機会が制限されるとして、10年間は20%、その後67歳までは9%の労働能力喪失を認めた

 

労働能力喪失率24
  • 平成12年12月13日
  • 被害者は26歳の女子大生(米国留学中)。後遺障害併合12級(顔面醜状障害、復視等)について、労働能力喪失率を14%、大卒女子平均賃金を基礎に28歳から67歳までの逸失利益を認めた