休業損害 27

  • さいたま地判平17年2月28日
  • 被害者は72歳の家政婦。家政婦としての収入は低廉であったが、次男と同居しており家事に従事していたことから賃金センサス(女性・学歴計・全年齢)平均賃金の80%を基礎として休業損害を認めた。
休業損害 28
  • 横浜地判平13年10月12日
  • 被害者は医学部学生。事故により、3年遅れで医師になったことについて、医師労働者の全年齢平均賃金を基礎として1年間の逸失利益を事故による休業損害と認めた。
休業損害 29
  • 名古屋地判平15年5月30日
  • 被害者は音楽大学4年生。事故により、1年留年した。賃金センサス(女性・大卒・年齢別20~24歳)平均賃金から留年中のアルバイト収入を控除した額を休業損害と認めた。