休業損害 12

  • 京都地判平9年4月22日
  • 被害者は競輪選手。収入が年度ごとに不安定なことから、過去3年分の平均給与額をもとに休業損害を認めた。
休業損害 13
  • 東京地判平17年3月15日
  • 被害者はキックボクサー。年間15万ドルの雇用契約があったが、事故により雇用契約を解除された。1年分の休業損害を認めず、3分の2の10万ドルを認めた。
休業損害 14
  • 東京地八王子支判平12年6月21日
  • 被害者の妻の専従者給与額を加算した額を基礎収入として、休業損害を認めた。