高次脳機能障害1~3

高次脳機能障害1
  • 平成6年8月30日
  • 被害者は、頭部をフロントガラスに打ち付けて、約10日間の意識障害があった。脳梁後半部萎縮・結節性異常信号・脳質周囲深部白質の軽度萎縮等からびまん性軸索損傷後性変化が示唆されるとし、加えて、自覚症状、会社社長からの労働支障状況報告等から検査結果への整合性を認め、後遺障害併合6級、労働能力喪失率67%を認めた
高次脳機能障害2
  • 平成4年10月2日
  • 被害者は、事故後約1年半を経てからてんかん等の症状が発現した。しかし、各種検査において脳の異常は発見されず、事故の衝撃もそれほど強度ではなかったことから、脳の器質的損傷であることを否定し、精神障害からくる神経症状と認定した
高次脳機能障害3
  • 平成10年9月9日
  • 被害者は、事故により右後頭部を打撲し、数分間の意識障害があった。画像や神経学的検査では異常がなかったが、その後、精神・神経症状が悪化し異常行動が出現した。労災保険は7級を認定したが、脳器質性障害があると認めるに足りる証拠はないとした