東京地判平成16年5月31日

被害者は後遺障害1級。

職業介護費とは別に、近親者の自宅付添費費として、職業介護が行われなかった日は1日8000円を、職業介護が行われた日のうち151日間は1日4000円を、残りの101日間は1日2000円を認めた。

 

近親者の自宅付添費については、よく争いになります。

近親者が仕事を休んだり、退職したりして付き添うケースも多く、今まで毎月もらえていた給与が入らなくなります。

その分の損害をどう見るかなどが、争点になります。