非器質性精神の後遺障害7
  • 平成11年2月25日
  • 被害者が事故後にPTSDを発症したことを認め、労働能力喪失率56%、期間10年を認め、素因減額20%とした事案
非器質性精神の後遺障害8
  • 平成12年12月26日
  • 被害者は事故後に外傷後神経症を発症した。裁判では因果関係が争われたが、鑑定に基づき因果関係を肯定し、素因減額20%とした事案
非器質性精神の後遺障害9
  • 平成13年7月12日
  • 被害者は夫が交通事故で死亡した妻で、事故後にPTSDを発症した。後遺障害等級7級を認定し、労働能力喪失率56%とした事案