非器質性精神の後遺障害10

  • 平成16年2月26日
  • 被害者は事故後にPTSDが発症したと主張したが、裁判所は否定した。しかし、微熱、めまい、いらいら、うつ等の症状は認め9級を認定し、労働能力喪失率35%、期間10年、素因減額30%とした事案
非器質性精神の後遺障害11
  • 平成15年8月28日
  • 被害者は事故後にPTSDが発症したと主張したが、裁判所は否定した。しかし、引きこもり、登校拒否等の状態を適応障害で9級を認定し、労働能力喪失率35%、期間10年、素因減額40%とした事案
非器質性精神の後遺障害12
  • 平成17年4月8日
  • 被害者は事故後に自動車恐怖症、意欲減退等の症状が発症し、PTSDを主張したが、裁判所は否定した。しかし、労働能力喪失率14%を認定した事案