交通事故後、整形外科に少しだけ通院し、その後は鍼灸や整骨院に通われる方は多いです。

私も経験がありますが、整形で電気を当てて牽引するよりも、非常に気持ちが良いものです。

治療後、症状も緩和されたような気になるため、ついつい鍼灸や整骨院に足が向きます。

しかし、6か月後に症状が消えていなければ、整形外科の医師に後遺障害診断書を記載してもらって認定申請を行うことになりますので、継続して整形にも通院して医師に症状を訴えておく必要があります。

でなければ、医師も診ていない者の診断書は書き辛いため、認定上で十分な記載を求めにくくなります。

もっとも、当事務所が医療同行してケースでは、上記のような場合でも医師に診断書への十分な記載を求めます。