高齢者の交通事故が増えています

被害者・加害者問わず、高齢者が交通事故に関わるケースが増えています。

高齢ドライバーが認知症や咄嗟の判断能力ができずに事故を起こすケースがニュースを賑わしていますが、被害者になるケースもかなり多いです。

被害者になった場合は、若い人よりケガの程度がひどくなるケースが多く、時に重篤な状況になります。

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になると推計され、間違いなく高齢化が進行していきますから、高齢者が加害者にも被害者にもならないような仕組みを、早急に整える必要があります。