医師との関係を築く重要性

後遺障害認定において、医師の協力は不可欠です。

後遺障害診断書の記載によって、等級が変わることはしばしばあります。

そのため、主治医との関係は良好に保つ必要があります。

診察の際は自分の症状を正確に伝え、必要な検査などを行ってもらいます。

治療経過も、認定上は重要だからです。

また、できれば後遺障害認定に協力的な医師を受診したほうがいいと思います。

通院していてどうも合わないと思った病院は止めて、転院するのも賢明な方法ですし、多くの方がそうしています。