医療同行と行政書士

後遺障害認定における医療同行は、自覚症状を上手く伝えられていない、医師に何かを依頼するのを躊躇う被害者の方から、非常に喜ばれます。

当事務所は、神戸市近郊であれば原則として医療同行を行っています。

ただし、中には医師が第三者の介入を嫌うケースがあり、その場合は電話や手紙にて対応しています。

交通事故の後遺障害認定を専門にしている行政書士や弁護士であっても、被害者が求める医師との関わりを全くしない先生もいますので、医師とのコミュニケーションに悩んでいる方は、その旨を確認してから依頼するようにしてください。